2ちゃんねるのマイホーム・賃貸・アパート・マンションに関する情報をまとめたサイト。


外国人「なぜ日本人は住宅ローンに大金を払うのか?」

1: 海江田三郎 ★ 投稿日:2016/02/22(月) 09:56:26.85 ID:CAP
http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/report/16/021800009/021900002/

「どう考えても異常な状況だよ。どうして日本人は誰もおかしいと思わないの!?」
 日本の住宅制度について説明すると、ドイツ人のアストリット・マイヤーさんとアンドレアス・デレスケさんは
目を大きく見開き、記者に対し次々と疑問点をぶつけてきた。そして最後には到底理解できないという様子で、
両手を広げたまま固まってしまった。そのさまは、さながらお笑いタレント・厚切りジェイソンのネタのようだ。
 “Why Japanese people!”多くの日本人は当たり前のこととして受け入れているが、海外から見れば「異常な状況」
として映る。それが日本の住宅政策の実態だ。
 2月22日号特集「家の寿命は20年~消えた500兆円のワケ」では、日本の住宅制度に内在する根源的な問題を取り上げた。
多くの国民にとって「一生の買い物」と形容される高額取引であるが故に、「買い手と売り手との間の圧倒的な情報格差」
「建物の完成前に購入する青田売り」などの不条理を、こういうものなのだと渋々受け入れるしかない。
消費者が複数回の買い物を通じて“賢くなる”機会を得られないからだ。不動産を巡る数々の不条理が長年の間、
問題視されることがなかったのもこの点にある。
 特集では、新築戸建ての購入から売却までの流れを描き、そこに潜むいくつもの不条理を指摘した。
このうち最も深刻な問題の一つが「木造住宅の場合、20年で建物の価値がゼロになる」という慣例だ。
「家なのだから住み続けるうちに価値が下がるのは当然だ」と、この慣例を受け入れている日本人は多い。
だが、待ってほしい。「住宅は資産」と言うが、メンテナンス状況が正当に評価されず、
価値が維持されないような商品を本当に「資産」と呼べるのだろうか。それは単なる「消費財」に過ぎないのではないか――。
 海外の多くの国では日本とまったく状況が異なっている。冒頭、2人のドイツ人が示した驚きはそうした彼我のギャップから派生しているのだ。
 ドイツ南西部の街フライブルク。中央駅から路面電車で20分ほど郊外へと走れば、赤や青、
黄色など色鮮やかな家々が連なる住宅街が見えてくる。ここはマイヤーさんとデレスケさんが
住むボーバン地区だ。街に足を踏み入れると、すぐに2つの「違和感」に気付いた。

 住宅街なのに通りを車がまったく走っていないのが一つ。街の入り口2カ所に大きな立体式の駐車場があり、
多くの住民はそこに車を置き、歩いて家路につく。だから家の前には駐車場はなく、ベビーカーや自転車を置くスペースがあるだけだ。

 もう一つの違和感は屋根にある。ほぼすべての住宅の屋根全面に太陽光パネルが敷かれているのだ。マイヤーさんは説明する。

(中略)

住民も自由に家を建てられない!?
 ドイツは、自治体ごとに20年先までの大まかな土地利用計画「Fプラン」を策定することが義務付けられている。
その上で、住宅や産業、交通など土地の用途ごとの詳細な建設計画を「Bプラン」として練り上げる。将来の人口動態などの
予測を踏まえ、行政だけでなく、建設・建築業者や住民などの利害関係者が参加してプランを決めるのが特徴的だ。
 商業地域や工業地域でも家を建てることができる緩やかな日本の土地区分制度と異なり、「Fプラン」と「Bプラン」の拘束力は強い。
 ドイツの住宅事情に詳しいジャーナリストの村上敦氏は「たとえ地価が上がってもプランに記載されていなければ、
住宅建設のための土地売買はできないことになっている。厳格に運用されるため、家の価値がきっちりと保証されることになる」と指摘する。
 

2: 海江田三郎 ★ 投稿日:2016/02/22(月) 09:56:37.81 ID:CAP
住民だけではない。行政や建設・建築業者もプランの内容に縛られるため、無計画に住宅地が広がることはない。
この10年間の新築着工件数は年15万~25万戸。総住宅数は総世帯数とほぼ同水準の4000万戸超で推移している。
需給がバランスしているため、最低でもインフレ上昇分は自動的に家の資産価値が高まるメカニズムになっている。
 翻って日本。新築住宅に関する制約がないため、不動産会社や建設会社は収益力が高く、
投資回収が確実な新築ばかりを作り続けている。「20年で家の価値ゼロ」との慣習が幅を利かしているため、
スクラップ&ビルドのサイクルが早く、それでも一定の新築供給量は消費されてきた。
 だが、総務省の調査では、2013年の総住宅数は6063万戸に上っている。すでに総世帯数の5245万戸を
大幅に上回っているのにも関わらず、今でも年90万戸の住宅が新たに作られている。その結果、500兆円もの巨大資産が消失することになったのだ。

エネルギー問題から住宅政策を大転換
 ドイツが取り組んでいるのは、新築抑制だけではない。2000年前後から中古住宅の流通活性化にも力を入れ始めた。
背景にあったのは、エネルギー政策の転換だった。エネルギー資源の9割を輸入に頼っていたドイツにとって自立は重要課題。
将来的に原子力発電所をゼロにする目標を掲げる一方、太陽光発電や風力発電などの再生可能エネルギーの導入を積極的に推進。
同時に、エネルギー消費全体の4割を占める住宅の省エネ化に本腰を入れることになった。
 「すでに建てられている家を取り壊して新たに建てるより、省エネ設備を入れるための改修・補修をすることで、コストを節約できる」
(エック内務大臣)。こうした狙いから、ドイツでは新築向けに出していた補助金を廃止。その代わりとして、
中古の改修・補修向けに手厚い補助金を付けることにした。住宅政策の大転換がうまく機能した陰には、
EUで義務化された「エネルギー・パス」と呼ばれる住宅の省エネ評価制度の存在があった。
 同制度では、寒暖を防ぐ三重構造の窓ガラスなど家の改修によって生まれた省エネ効果を点数化。
評価は不動産広告への記載が義務付けられている。点数の高低は家の資産価値に直結するため、
住民らがこぞって中古住宅のリフォームに乗り出すことになったのだ。その結果、多くの建設会社や工務店
がリフォーム・リノベーションへと業態を変えることになった。
 中古住宅を正当に評価する制度は日本にない。日本でのエネルギー・パス導入を呼びかけている日本エネルギー
機関代表の中谷哲郎氏は「評価されないから、省エネ目的の改修・補修という形で中古住宅に投資するインセンティブが働きにくい
。建物の価値を評価せず、中古向けにお金を出し渋る金融機関のスタンスにも問題がある」と訴える。

中古重視で示した実利
 ドイツでは当初、中古重視への住宅政策の転換に不動産・建設業界が反発した。が、その動きはすぐに鎮静化した。
「中古に厚い補助金制度が意味のある経済政策だと認知された」(ジャーナリストの村上氏)点が大きかったとみられている。  
 村上氏によると、ドイツは2011年までの6年間で改修・補修関連の補助金として68億ユーロを支出。それに対し、
消費税に当たる付加価値税として支出額の2倍以上の144億ユーロがリフォーム絡みで国に戻ってきた計算になるという。
さらに大きな経済波及効果が不動産・建設業界に及ぶことになった。いわばドイツは実利を示すことで政策誘導に成功したのだ。

 「20年で価値ゼロ」との慣例によって、「資産」が資産にならない奇妙な国ニッポン。新築で家を買うということは極言すれば、
大金を払ってわざわざ「借金」を背負っているようなもの。“Why Japanese people!”とドイツ人が指摘するところの
真意に目を向ければ、我々を取り巻くまやかしの正体がおのずから見えてくる。

5: 名刺は切らしておりまして 投稿日:2016/02/22(月) 09:59:35.39 ID:zk5fAEAg.ne
価値0の割には担保にもなるし
売却も可能だけどな

20: (   `ハ´) 投稿日:2016/02/22(月) 10:08:18.80 ID:j55HDf6j.ne
>>5
それは建物じゃなくて土地の方。

7: 名刺は切らしておりまして 投稿日:2016/02/22(月) 10:00:16.38 ID:JV8C+YBf.ne
家を買えば離婚が難しくなり、だんなが氏ねばローンはちゃら

嫁の生涯補償になるから  なのだ

8: 名刺は切らしておりまして 投稿日:2016/02/22(月) 10:01:07.46 ID:XprkeJ+b.ne
この記事を日経が書いてるところが笑うべきなのか

22: 名刺は切らしておりまして 投稿日:2016/02/22(月) 10:09:33.45 ID:GWr1+MQ1.ne
>>8
笑うべきだろうな。
今、国がどういう施策をしているか全く説明していない。

10: 名刺は切らしておりまして 投稿日:2016/02/22(月) 10:02:22.80 ID:s87XGPYB.ne
地震も台風も無い国の奴の言葉に意味は無い
日本には日本のやり方がある
そしてそれが合理的
ドイツ人も日本の気候と土地に住んでみれば何故そうなってるのか理解出来るだろう

11: 名刺は切らしておりまして 投稿日:2016/02/22(月) 10:03:51.28 ID:Id+6cmIt.ne
他のアジアの国はどうなの?
やっぱり使い捨て?

15: (   `ハ´) 投稿日:2016/02/22(月) 10:06:37.03 ID:j55HDf6j.ne
>>11
他のアジア諸国は基本的に上がり調子だから投資対象。
バブル真っ只中でしょ。

13: 名刺は切らしておりまして 投稿日:2016/02/22(月) 10:05:47.52 ID:yn709zsq.ne
誰が20年で価値0と言ってんだよ
築20年のマンションがタダだと言いたいのか バカだろ

20: (   `ハ´) 投稿日:2016/02/22(月) 10:08:18.80 ID:j55HDf6j.ne
>>13
マンションは不思議と値段が付くけど、戸建ては値段が付かないな。

14: 名刺は切らしておりまして 投稿日:2016/02/22(月) 10:05:56.10 ID:Vk1DUUcD.ne
ドイツには木造が無いのか???

17: 名刺は切らしておりまして 投稿日:2016/02/22(月) 10:07:46.70 ID:ayM5R79G.ne
>>14
基本、石を積んだだけ。
震度4の地震で倒壊する。

28: 名刺は切らしておりまして 投稿日:2016/02/22(月) 10:10:43.55 ID:b02s4mqF.ne
>>14

ドイツの家は基本木造です。

こういう木組みの家が多い
no title

31: 名刺は切らしておりまして 投稿日:2016/02/22(月) 10:11:43.64 ID:gPKf/AJe.ne
日本人もレンガとかで造ればいいのになんで腐る木で造るんだろうね。

32: 名刺は切らしておりまして 投稿日:2016/02/22(月) 10:13:13.67 ID:ayM5R79G.ne
>>31
地震があるから。

38: 名刺は切らしておりまして 投稿日:2016/02/22(月) 10:16:12.33 ID:dtAYZavp.ne
なんだかんだいって日本人は新しいもの好きなんだよ、家でも電化製品でも車でも、
メーカーも次々と新しいものを出してきて人々はそれに飛びつく、
10~30年経ったものには一番魅力を感じない、古いものに価値を見出すのは
100年以上経ったものだけ。

44: (   `ハ´) 投稿日:2016/02/22(月) 10:20:07.32 ID:j55HDf6j.ne
>>38
ここ数十年で変化したライフスタイルてのも大きいと思う。
畳の部屋に布団を布いて寝て、居間にはちゃぶ台を置き、座って飯を喰うって文化が消えた。
それに合わせ作られた家が魅力無く映るんだろう。

欧州はそこら辺のライフスタイルが変化してないから、古い家でも生活スタイルが変わらない。

43: 名刺は切らしておりまして 投稿日:2016/02/22(月) 10:19:51.77 ID:talGGhgl.ne
俺も基本は持ち家派だが家族構成の変化には賃貸がいいな

52: 名刺は切らしておりまして 投稿日:2016/02/22(月) 10:29:44.02 ID:9Iw9HxON.ne
情弱は割高新築買うよな

53: 名刺は切らしておりまして 投稿日:2016/02/22(月) 10:29:57.28 ID:ojbME8g6.ne
欧米:築が古いほど価値のある文化
日本:新築ほど価値のある文化

じいちゃん時代のタンスとかも死ぬほど大切にしたりしてるからな

引用元: http://www.logsoku.com/r/2ch.sc/bizplus/1456102586/

外部サイト様の新着記事

人気記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お問い合わせ

管理人へのお問い合わせはこちらからお願いします。広告掲載の依頼なども承っておりますのでお気軽に♪

PR